読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな中学受験とその先へ

おっとり兄は中受終了組、現在私立中高一貫男子校の中2です。公立小3の弟は戦いごっこが大好きな典型的第2子、中受準備そろそろスタートなのですが・・・ 中学受験についてアレコレ書いてます

私立中学の学費 本当のところは?

志望校選びの最重要項目ではないにしても、
学校の学費が本当のところいくらなんだろうかというのは、とても気になるところですよね

 口コミサイトなどで、在校生(卒業生)の親御さんが答えてくださっているのを、うまく見つけられればいいですけど、なかなかそうもいかず・・・
情報誌によって合計額が違っていたりすることもあって・・・

学校が公表している学費の他に、何か費用がかかるんじゃないの?それはいくらなの?と疑問に思いつつも、
兄のときは、結局はそのまま受験日を迎えていました

まあ公表されている学費とそんなに違いはないはずだから・・と思っていましたが、
安心してください、実際そんなに違いはありませんでした(笑)

安心したところで、私立中学の学費の構成(?)についてみていきたいと思います

・受験料(2~3万円:これは受験するには必ず必要)
入学金(25~35万円程度:合格発表後、その日中あるいは翌日までに納める学校が多い)
授業料(40~50万年程度:年額を数回に分けて引落し)
施設費・維持費(まちまちだが数十万円の学校が多い)
・PTA会費などの諸会費(10万円以下の学校が多いが、上記の施設維持費が低いとこちらが高くなっていることが多い バランス取ってる?)

ここまでで、100万円前後の学校が多い
大学附属校はこれよりやや高めになっている

それから、忘れさせてもらえないのが
寄付金30万円程度:あくまでも任意だが、ほぼ全員納める学校・そうではない学校があるらしい)

他に必要な費用は、
教材費(教科書・実験白衣など)
・合宿や修学旅行の旅費など
制服や体操服など
部活動費(ユニフォーム、合宿費含)

などがあります
兄の場合、この最後の部分の費用は、30万円程度でした
私立の場合多くの生徒は徒歩圏ではないので、通学のための交通費も必要ですね

ざっとみて、初年度必要な学費はこんな感じです
2年生からは、入学金・寄付金・制服代などがいらなくなります

学費の実態がおわかりいただけたでしょうか?
・・っていうほどのこともないのかな、みんなわかってることなのかな(;´∀`)