読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな中学受験とその先へ

おっとり兄は中受終了組、現在私立中高一貫男子校の中2です。公立小3の弟は戦いごっこが大好きな典型的第2子、中受準備そろそろスタートなのですが・・・ 中学受験についてアレコレ書いてます

受験3日目

3日間も試験を受け続けるって、どんなに疲れることでしょう
大学入試だってそんなスケジュールないし
しかも受けているのはたった11歳や12歳の子どもたち・・・

あと少しだよ
今までよく頑張ったね
最後まで集中力が続きますように
どうか子どもの努力が実りますように

親は祈ることしかできないけれど、その祈りは強い力を持っていると思います
「念」ってあるんですよね

さて、
また兄の時の回想・・・の前に、

入試休みの兄、学校のお友達と毎日遊んでます
今年はお天気もいいので、あっちの公園こっちの公園とメールで相談して出かけてます
都外から来る子もいるそうで、どんだけ遊びたいのよ
学校に出入り禁止だから部活もお休みなんですよね
2年前は緊張して過ごした3日間だったけど、過ぎればこんなもんです、ハイ

その2年前、
3日目も兄は試験でした
兄は午後入試は受けなかったので、これで3校目(また後日書こうと思ってますが、練習用に1月にも入試受けてます。それは除いた数)
本人はどうだったのか分かりませんが、私は気が緩んでいたと思います
集中力を3日間持続させるって、かなり難しいことなんですね、改めて実感しました

3日目校が第一志望のお子さんをお持ちなら、3日目に集中力をピークに持っていく練習ができるといいと思います
どうやって?
えっと・・塾の先生にお伺いしてください!(汗)

気がゆるゆるになりながらも、2日目校の合格発表を見に行きました
入学金も忘れずにバッグへ
ココは間違えられない!
前もってしっかりスケジュールを作っておいてよかったとつくづく思います
しつこいけど、これ大事です!

はぁ~、試験が終わって子どもが帰ってきたら、後は後日結果を見に行くのみ~
受かっててほしいな~
やっぱり気が緩んでる
集中力持続の練習、親の方が大事かも、ですね